試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学A B-05

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学A B-05

次の記述は、無線送信機の周波数逓倍や電力増幅に用いることができるC級増幅器の動作原理等について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、入力信号(基本波成分)vi〔V〕の角周波数をω〔rad/s〕とする。(1)無線送信機に用いることができるア周波のC級増幅器は、負荷に同調回路を用いて効率の良い増幅が可能である。(2)図1に示すC級増幅回路は、図2に示すように、ベースとエミッタ間のバイアス電圧イ〔V〕をB級増幅器より更に低く(しゃ断領域に)設定し、viの半周期よりも短い2θ〔rad〕の期間だけコレクタ電流iC〔A〕が流れるようにしているため、出力波形はウ。したがって、コレクタ電流には基本波成分の他にエが含まれているので、負荷回路にコイルL〔H〕及びコンデンサC〔F〕からなる同調回路(共振回路)を用いて希望する周波数成分を取り出すことができる。よって、周波数逓倍に用いることができる。また、2θをオほど電力効率は良くなるが、出力電力は小さくなる。iCvBE〔V〕vi〔rad〕CL出力-VBB0ωtvivBEVBBVCCvVBECC:電源電圧:ベース・エミッタ間電圧i〔A〕Cωt〔rad〕図102θ図2

答え:7,4,1,3,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A B-05

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学A B-05

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次