試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学A A-03

二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学A A-03

次の記述は、BPSK(2PSK)信号及びQPSK(4PSK)信号の信号点配置図について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、信号点間距離は、雑音などがあるときの信号の復調・識別の余裕度を示すもので、信号点配置図における信号点の間の距離のうち、最も短いものをいう。(1)図1に示すBPSK信号の信号点配置図において、信号点間距離は①で表される。また、図2に示すQPSK信号の信号点配置図において、信号点間距離はAで表される。(2)BPSK信号及びQPSK信号の信号点間距離を等しくして妨害に対する余裕度を一定にするためには、QPSK信号の振幅A4〔V〕をBPSK信号の振幅A2〔V〕のB倍にする必要がある。直交軸Q〔V〕直交軸Q〔V〕②①π/2A2同相軸I〔V〕③A4同相軸I〔V〕図1BPSK信号点配置図図2QPSK信号点配置図

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-03

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次