試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-19

令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-19

A-19次の記述は、デジタル方式のオシロスコープについて述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1入力波形をA/D変換によりデジタル信号にしてメモリに順次記録し、そのデータをD/A変換により再びアナログ値に変換して入力された波形と同じ波形を観測する。2単発現象でも、メモリに記録した波形情報を読み出すことによって静止波形として観測できる。3単発性のパルスなど周期性のない波形に対しては、等価時間サンプリングを用いて観測できる。4アナログ方式による観測に比べ、観測データの解析や処理が容易に行える。5標本化定理によれば、直接観測することが可能な周波数の上限はサンプリング周波数の1/2までである。

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年01月期 無線工学A B-01

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A B-04

  3. 平成28年(2016)年01月期 無線工学A A-19

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次