試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和元年(2019)年07月期 無線工学A A-13

令和元年(2019)年07月期 無線工学A A-13

A-13次の記述は、GPS(全世界測位システム)について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)GPSは、常時4個以上の衛星を観測できて3次元測位が可能となるようにしたものである。受信したそれぞれの電波は、GPS衛星に搭載されているA時計により共通の基準が与えられており、時間差や位相などを比較して受信点の位置、移動方向、速度などを計測することができる。(2)GPS衛星からは、B〔GHz〕帯などの電波が送信されている。各衛ABC星では、個々の衛星を識別するため及びC変調を行うため、各衛1水晶1.5OFDM星ごとに異なる擬似雑音(PN)コードが割り当てられ、このPNコードと2水晶1.5スペクトル拡散航法メッセージデータとで搬送波を位相変調(PSK)して送信する。34水晶原子2.51.5OFDMスペクトル拡散5原子2.5スペクトル拡散(GA107-3)

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-14

  2. 二陸技 令和3年(2021)年07月期 無線工学A A-13

  3. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学A A-15

  4. 令和2年(2020)年01月期 無線工学A B-03

  5. 平成30年(2018)年07月期 無線工学A A-14

  6. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次