試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学A A-11

平成26年(2014)年01月期 無線工学A A-11

A-11次の記述は、移動通信端末などに使用されているリチウムイオン蓄電池について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)リチウムイオン蓄電池の一般的な構造では、負極に、リチABCウムイオンを吸蔵・放出できるAを用い、正極にコバル1金属リチウムサイクル劣化大きくト酸リチウム、電解液としてリチウム塩を溶解した有機溶媒2金属リチウムメモリ効果少なくからなる有機電解液を用いている。3炭素質材料サイクル劣化少なく(2)ニッケルカドミウム蓄電池と異なってBがなく、継ぎ4炭素質材料メモリ効果少なく足し充電も可能である。5炭素質材料メモリ効果大きく(3)充電が完了した状態のリチウムイオン蓄電池を高温で貯蔵すると、容量劣化がCなる。

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-11

  2. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-11

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次