試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 法規 B-05

一陸技 令和4年(2022)年01月期2 法規 B-05

次の記述は、基準不適合設備に対する対策について述べたものである。電波法(第102条の11)の規定に照らし、広ア売内に入れるべき最も適切な字句を下の1から10までのうちからそれぞれ一つ選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。①総務大臣は、次の(1)又は(2)に掲げる場合において、(1)若しくは(2)に定める設計と同一の設計又は(1)若しくは(2)に定める設計と類似の設計であって電波法第3章(無線設備)に定める技術基準に適合しないものに基づき製造され、又は改造された無線設備(以下「基準不適合設備」という。)がアされることにより、当該基準不適合設備を使用する無線局が他の無線局の運用にイを与えるおそれがあると認めるときは、無線通信の秩序の維持を図るために必要な限度において、当該基準不適合設備のウに対し、その事態を除去するために必要な措置を講ずべきことをエすることができる。(1)無線局が他の無線局の運用を著しく阻害するような混信その他の妨害を与えた場合において、その妨害が電波法第3章に定める技術基準に適合しない設計に基づき製造され、又は改造された無線設備を使用したことにより生じたと認めるとき当該無線設備に係る設計(2)無線設備が電波法第3章に定める技術基準に適合しない設計に基づき製造され、又は改造されたものであると認められる場合において、当該無線設備を使用する無線局が開設されたならば、当該無線局が他の無線局の運用を著しく阻害するような混信その他の妨害を与えるおそれがあると認めるとき当該無線設備に係る設計②総務大臣は、①によるエをした場合において、そのエを受けた者がそのエに従わないときは、オことができる。1広く利用2広く販売3重大な悪影響4継続的な混信5製造業者、輸入業者又は販売業者6利用者7勧告8命令9製造又は販売の中止を命ずる10その旨を公表する

答え:2,3,5,7,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年07月期 法規 B-05

  2. 平成26年(2014)年01月期 法規 B-05

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次