試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和2年(2020)年11月期1 法規 A-09

一陸技 令和2年(2020)年11月期1 法規 A-09

次の記述は、送信装置の水晶発振回路に使用する水晶発振子について述べたものである。無線設備規則(第16条)の規定に照らし、内に入れるべき最も適切な字句の組合せを下の1から4までのうちから一つ選べ。水晶発振回路に使用する水晶発振子は、周波数をそのA内に維持するため、次の(1)及び(2)の条件に適合するものでなければならない。(1)発振周波数がBによりあらかじめ試験を行って決定されているものであること。(2)恒温槽を有する場合は、恒温槽は水晶発振子の温度係数にC維持するものであること。ABCシンセサイザ方式の発振回路応じてその温度変化の許容値を正確に当該送信装置の水晶発振回路により又は応じてその温度変化の許容値を正確にこれと同一の条件の回路シンセサイザ方式の発振回路かかわらず発振周波数を一定に当該送信装置の水晶発振回路により又はかかわらず発振周波数を一定に許容値これと同一の条件の回路

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 法規 A-11

  2. 平成30年(2018)年01月期 法規 A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次