試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 B-03

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 B-03

B–3次の記述は、図に示す原理的な構造のマグネトロンについて述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。(1)電極の数による分類では、アである。空洞共振器永久磁石(2)陽極-陰極間には強いイが加えられている。N結合用ループ(3)発振周波数を決める主な要素は、ウである。(4)作用空間では、電界と磁界の方向は互いにエ。(5)オや調理用電子レンジなどの高周波発振用として広く用いられている。陽極作用空間S陰極1空洞共振器2ラジオ放送3四極管4直交している5直流電界6陰極7レーダー8二極管9平行である10交流電界

答え:8,5,1,4,7


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学の基礎 B-03

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学の基礎 B-03

  3. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 B-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次