試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B B-01

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B B-01

次の記述は、アンテナの実効長、利得及び実効面積について述べたものである。このうち正しいものを1、誤っているものを2として解答せよ。ア電流分布がI(x)である長さ2lの線状アンテナ(x=−l~+l)の実効長leは次式で表される。ただし、給電電流をI0とする。le=I10∫−l+lI(x)dxイ無損失アンテナの半波長ダイポールアンテナを基準とした相対利得は指向性利得に等しい。ウ整合した状態におけるアンテナ利得をGとすれば、不整合のときの利得(動作利得)はGMで表される。ただし、Mは反射損であり、Γを反射係数とすればM=1/(1–|Γ|2)である。エ自由空間に置かれたアンテナの利得は、そのアンテナの実効長に比例する。オ開口面上の電界分布が一様である理想的な開口面アンテナの実効面積は、そのアンテナの幾何学的開口面積に等しい。

答え:1,2,2,2,1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B B-05

  2. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-18

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次