試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-20

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-20

次の記述は、図に示す構成により、アンテナ系雑音温度を測定する方法(Y係数法)について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、アンテナ系雑音温度をTA〔K〕、受信機の等価入力雑音温度をTR〔K〕、標準雑音源を動作させないときの標準雑音源の雑音温度をT0〔K〕、標準雑音源を動作させたときの標準雑音源の雑音温度をT〔K〕とし、T及びTの値は既知とする。N0Nアンテナ系(1)スイッチSWをb側に入れ、標準雑音源を動作させないとき、T0〔K〕SWをbの雑音が受信機に入る。このときの出力計の読みを雑音が受信機に入るので、このときの出力計の読みを側に入れたまま、標準雑音源を動作させたとき、N0NNTN〔W〕とする。〔W〕とする〔K〕のSWba受信機W出力計と、N0とNNの比Y1は、次式で表される。標準Y1=NN0=A・・・・・・・①雑音源N式①より、次式のようにTRが求まる。ABCTR=B・・・・・・・・・②T0−TRT0−Y1TNTN−TR+T(2)次に、SWをa側に入れたときの出力計の読みをNA〔W〕とすると、NNN−TRY1+1Y2RとNの比Yは次式で表される。−TRT0−Y1TNTN+TR−TAY2=NNNA2=TTNA+T+TRR・・・・・・③N−T−TRRT0−Y1−Y11TNTNY2−TR−TR(3)式③より、TAは、次式で表される。N−TRY1−1Y2RT=C・・・・・・・・・④+TRT0−Y1TNTN+TR−TA式④に式②のTRを代入すれば、TAを求めることができる。N+TRY1+1Y2RN+T+TRRT0Y1−Y1−1TNTNY2+TR−TR

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学B A-18

  2. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学B A-19

  3. 令和2年(2020)年01月期 無線工学B A-20

  4. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-20

  5. 平成28年(2016)年01月期 無線工学B A-19

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次