試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-16

一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-16

次の記述は、海抜高h〔m〕にある超短波(VHF)アンテナからの電波の見通し距離について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、等価地球半径係数をkとして、等価地球半径をkR〔m〕と表す。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。図に示すように、等価地球の中心をO、アンテナの位置Pから引いた等価地球への接線と等価地球との接点をQ、∠POQをθ〔rad〕及び弧QSの長さをd〔m〕とする。ABC(1)kR直角三角形=(kR+POQh)×Aにおいて、次式が成り立つ。・・・・・・・・・・・・①θkRd√2kRℎ式①をkRについて整理すると次式が成り立つ。dkRℎh×A=kR(1−A)=2kR×sin22θ・・・②θ2kR√2θ=B〔rad〕であり、d≪kRとすると、次式が成り立つ。θd√2kRℎcosθ≒1、sin2θ≒2θ・・・・・・・・・・・・③θd2kR√2kRℎ(2)θ及び式③を式②に代入すると、dは次式で与えられる。kRd≒C〔m〕PQdkRℎhSdθ2kR√2kRkRθ

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和3年(2021)年01月期1 無線工学B A-14

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-15

  3. 平成27年(2015)年01月期 無線工学B A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次