試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-20

一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-20

次の記述は、マイクロ波アンテナの利得を測定するときに、平面大地での反射波等の影響を少なくする一般的な対策について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)反射点の近傍に大地に垂直な金属板の反射防止板を設けて測定誤差を軽減する。この場合、反射防止板のエッジで回折波を生ずることがあるが、エッジに適当なAをつけると回折波の影響を軽減することができる。(2)被測定アンテナと対向させる基準アンテナは、いずれもできるだけB位置に設置する。(3)ハイトパターンを測定して、大地のCを求めて、計算により反射波の影響を軽減する。

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-17

  2. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B A-14

  3. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学B A-16

  4. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学B A-16

  5. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学B A-15

  6. 一陸技 令和4年(2022)年01月期2 無線工学B A-14

  7. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学B A-14

  8. 一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学B A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次