試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-18

一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-18

次の記述は、広帯域マイクロ波のペンシルビームアンテナの指向性利得を近似計算により求める手順について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、アンテナからの全電力が電界面内及び磁界面内で電力半値幅内に一様に放射されているものとする。また、log102≒0.3、log103≒0.48とする。(1)指向性利得Gd(真数)は、電界面内の電力パターンの電力半値幅をθE〔rad〕、磁界面内の電力パターンの電力半値幅をθH〔rad〕とすれば、次式で近似することができる。Gd≒A・・・・①また、θEとθHを〔°〕で表したものをそれぞれθ1、θ2とすると、Gdは次式で近似することができる。Gd≒B・・・・②(2)θ1=4.5〔°〕、θ2=4〔°〕であるとき、題意の数値を式②に代入して、デシベルで表せば、10log10Gd≒C〔dB〕である。ABC4π40,000θHθ1θ2334π720+θHθ1+θ2192π20,000θHθ1θ2302π360+θHθ1+θ213π10,000θHθ1θ227

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-20

  2. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-16

  3. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-13

  4. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学B B-01

  5. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B B-03

  6. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学B A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次