試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成29年(2017)年07月期 無線工学B A-07

平成29年(2017)年07月期 無線工学B A-07

A-7次の記述は、同軸給電線の特性について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)同軸給電線の伝送損は、抵抗損によるものと誘電損によるものがあり、抵抗損によるものは、周波数の平方根にAし、誘電損によるものは、周波数に比例する。(2)同軸給電線内の位相定数と自由空間の位相定数との比で表される波長短縮率は、同軸給電線に充填されている誘電体の比誘電率をとすれば、Bで与えられる。(3)同軸給電線は、通常用いるモードでの遮断周波数は存在しないが、周波数が高くなり、ある周波数を超えると、Cモードが発生して伝送損の増加や位相ひずみなどを生ずる。ABC1比例1⁄TEM2比例1⁄TE又はTM3比例1⁄TE又はTM4反比例1⁄TE又はTM5反比例1⁄TEM

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成29年(2017)年01月期 無線工学B A-07

  2. 平成27年(2015)年07月期 無線工学B A-07

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次