試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学A A-16

一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学A A-16

表に示す固定形マイクロ波帯デジタル無線伝送方式のC/N配分において、内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、所要C/Nは、ビット誤り率(BER)=1✕10-4を確保するために必要な搬送波電力対雑音電力比であり、理論C/N18〔dB〕に送受信装置の固定劣化4〔dB〕を考慮したものである。また、熱雑音電力、干渉雑音電力及び歪み雑音電力をそれぞれ所要C/NにおけるNの48〔%〕、50〔%〕及び2〔%〕とし、log102=0.3、log103=0.48とする。理論C/N所要C/N18〔dB〕(BER=1✕10-4)A〔dB〕熱雑音C/N25.2〔dB〕(48〔%〕)固定劣化干渉雑音C/NB〔dB〕(50〔%〕)4〔dB〕歪み雑音C/NC〔dB〕(2〔%〕)C/N配分表

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-09

  2. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学A A-06

  3. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学A A-17

  4. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学A B-01

  5. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学A A-15

  6. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-14

  7. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次