試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学A A-05

一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学A A-05

次の記述は、デジタル変調方式の理論的なC⁄N対BER特性(同期検波)等について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。ただし、QPSK、8PSK、16QAM、16PSK及び64QAMの特性を図に示す。また、log102=0.3、log103=0.48とする。は、16QAMに比べて、同一の伝送路において、BER=1×10-8を得る4倍高い送信電力が必要である。BERで、BER=1×10-8を達成するための所要は約20.3〔dB〕である。10-1C⁄N対(同期検波)BER特性⁄N=3Eにおけるb/NC0⁄NとEb/Nであるから、8PSK0で、BER=1×10C⁄N(ビットエネルギー対雑音電力密度比)の関係-8を達成するための所1010-2-3Eb/N0は、約25.1〔dB〕である。10-4QPSK8PSK64QAM-8を達成するための所要C⁄Nは、QPSKと16PSKで約11.2〔dB〕10-510-616PSK⁄NをパラメータとしたBPSK及びQPSKのBERが、誤差補関数を用い-7た式として、それぞれ、1/2erfcC/N及び1/2erfcC/N/2で10-816QAM表せるので、BER=1×10-8を達成するための所要C⁄Nは、BPSKと16PSK1051015202530で約14.2〔dB〕の差がある。C⁄N〔dB〕

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-09

  2. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学A A-06

  3. 一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学A A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次