試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学A A-01

一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学A A-01

次の記述は、我が国の地上系デジタル方式の標準テレビジョン放送に用いられるガードインターバルの原理的な働きについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、親局の放送波及び中継局の放送波のデジタル信号は完全に同一であるものとする。(1)ガードインターバルを用いることにより、中継局で親局と同一の周波数を使用するAが可能である。ガードインターバルは、有効シンボルの時間的にB端の出力データを当該有効シンボルのCに付加することにより、受信が可能となる期間を延ばし、有効シンボル期間において「シンボル間干渉なく受信すること」ができるようにするものである。(2)図は、受信点において、親局からの放送波に対してτ〔s〕遅延した中継局からの放送波が同時に受信された場合のそれぞれの放送波を示したものである。この図は、親局の放送波の有効シンボル期間分の情報を「シンボル間干渉なく受信すること」がD場合を示している。受信点における親局からの放送波ガードインターバル(デジタル信号)有効シンボルガードインターバル有効シンボル(デジタル信号)受信点における中継局からの放送波ガードインターバル有効シンボル(デジタル信号)ガードインターバル(デジタル信号)有効シンボルτ時間〔s〕

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学A A-02

  2. 平成30年(2018)年07月期 無線工学A A-01

  3. 平成29年(2017)年01月期 無線工学A A-01

  4. 平成26年(2014)年07月期 無線工学A A-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次