試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-12

平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-12

A−12次の記述は、航空機の航行援助に用いられるILS(計器着陸装置)について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)グライド・パスは、滑走路の側方の所定の位置に設置され、航空機に対して、設定された進入角からの垂直方向のずれの情報を与えるためのものであり、航空機の降下路面のAの変調信号が強く受信されるような指向性を持つUHF帯の電波を放射する。(2)ローカライザは、滑走路末端から所定の位置に設置され、航空機に対して、滑走路の中心線の延長上からの水平方向のずれの情報を与えるためのものであり、航空機の進入方向から見て進入路の右側では150〔Hz〕、左側では90〔Hz〕の変調信号が強く受信されるような指向性を持つB帯の電波を放射する。(3)マーカ・ビーコンは、滑走路進入端から複数の所定の位置に設置され、その上空を通過する航空機に対して、滑走路進入端からの距離の情報を与えるためのものであり、それぞれ特有の変調周波数で振幅変調されたC帯の電波を上空に向けて放射する。ABC1下側では90〔Hz〕、上側では150〔Hz〕VHFUHF2下側では90〔Hz〕、上側では150〔Hz〕UHFVHF3下側では150〔Hz〕、上側では90〔Hz〕UHFVHF4下側では150〔Hz〕、上側では90〔Hz〕UHFUHF5下側では150〔Hz〕、上側では90〔Hz〕VHFVHF

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次