試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 法規 B-02

二陸技 令和4年(2022)年07月期 法規 B-02

特性周波数、周波数の許容偏差等に関する次の記述のうち、電波法施行規則(第2条)の規定に照らし、この規定に定めるところに適合するものを1、適合しないものを2として解答せよ。ア「特性周波数」とは、与えられた発射において容易に識別し、かつ、測定することのできる周波数をいう。イ「周波数の許容偏差」とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の基準周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射の特性周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表す。ウ「スプリアス発射」とは、必要周波数帯外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないで除去することができるものをいい、高調波発射、低調波発射及び寄生発射を含み、相互変調積及び帯域外発射を含まないものとする。エ「帯域外発射」とは、必要周波数帯に近接する周波数の電波の発射で情報の伝送のための変調の過程において生ずるものをいう。オ「割当周波数」とは、無線局に割り当てられた周波数帯の中央の周波数をいう。

答え:1,2,2,1,1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年01月期 法規 B-02

  2. 平成30年(2018)年07月期 法規 B-03

  3. 平成29年(2017)年07月期 法規 A-08

  4. 平成27年(2015)年01月期 法規 A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次