試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 法規 A-10

二陸技 令和4年(2022)年07月期 法規 A-10

次の記述は、人工衛星局の送信空中線の指向方向について述べたものである。電波法施行規則(第32条の3)の規定に照らし、内に入れるべき最も適切な字句の組合せを下の1から4までのうちから一つ選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。①対地静止衛星に開設する人工衛星局(一般公衆によって直接受信されるための無線電話、テレビジョン、データ伝送又はファクシミリによる無線通信業務を行うことを目的とするものを除く。)の送信空中線の地球に対するAの方向は、公称されている指向方向に対して、0.3度又は主輻射の角度の幅の10パーセントのいずれかB角度の範囲内に、維持されなければならない。②対地静止衛星に開設する人工衛星局(一般公衆によって直接受信されるための無線電話、テレビジョン、データ伝送又はファクシミリによる無線通信業務を行うことを目的とするものに限る。)の送信空中線の地球に対するAの方向は、公称されている指向方向に対してCの範囲内に維持されなければならない。ABCふく射小さい0.5度ふく射大きい0.1度ふく射大きい0.5度ふく射小さい0.1度

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 法規 A-09

  2. 令和2年(2020)年01月期 法規 A-07

  3. 令和元年(2019)年07月期 法規 A-06

  4. 平成30年(2018)年07月期 法規 A-11

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次