試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-09

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-09

A–9次の記述は、半導体素子の一般的な働き又は用途について述べたものである。このうち、誤っているものを下の番号から選べ。1バラクタダイオードは、加える電圧によって静電容量が変化する素子として用いられる。2ホトダイオードは、光エネルギーを電気エネルギーに変換する素子として用いられる。3ツェナーダイオードは、逆方向電圧を加えたときの定電圧特性を利用する素子として用いられる。4トンネルダイオードは、順方向電圧を加えたときの負性抵抗特性を利用する素子として用いられる。5発光ダイオードは、逆方向電流が流れたときに発光する特性を利用する素子として用いられる。

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学の基礎 A-10

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学の基礎 A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次