試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成30年(2018)年07月期 無線工学B A-16

平成30年(2018)年07月期 無線工学B A-16

A-16次の記述は、マイクロ波(SHF)帯以上の電波の減衰について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)気体分子による減衰は、電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有振動数と一致すると、分子のAが起こり、電波のエネルギーの一部がこれらの気体分子に吸収されることによって生ずる。SHF帯以上の電波では酸素やBなどによる減衰が起こる。(2)降雨による減衰は、電波が雨滴にあたり、そのエネルギーの一部が吸収やCされることによって生ずる。(3)霧や細かい雨による減衰は、周波数がDなると増加し、単位体積中に含まれる水分の量に比例する。ABCD1散乱水蒸気散乱低く2散乱水素回折高く3散乱水蒸気回折低く4共鳴水素散乱低く5共鳴水蒸気散乱高く

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年01月期 無線工学B A-16

  2. 平成28年(2016)年01月期 無線工学B A-16

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次