試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成30年(2018)年07月期 無線工学B A-12

平成30年(2018)年07月期 無線工学B A-12

A-12次の記述は、コリニアアレーアンテナについて述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1垂直半波長ダイポールアンテナ等を構成単位としたアレーアンテナである。2構成単位のアンテナを垂直方向に一直線上に等間隔に並べて、隣り合う各素子を互いに同振幅、逆位相の電流で励振する。3構成単位のアンテナの数を増やすと、垂直面内の指向性が鋭くなる。4使用可能な周波数範囲を広くするためには、素子の直径Dと長さLの比(D/L)を大きくする。5水平面内の指向性は、全方向性である。

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年01月期 無線工学B B-03

  2. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学B B-03

  3. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B B-03

  4. 平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-12

  5. 平成26年(2014)年07月期 無線工学B B-03

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次