試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-13

平成30年(2018)年01月期 無線工学B A-13

A-13次の記述は、オフセットパラボラアンテナについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)曲面がAの反射鏡の一部と、Aの焦点に置かれた一次放射器から構成されている。(2)開口面の正面に一次放射器や給電線路など電波の通路をさえぎるものがないためBが良く、放射特性が良好である。(3)衛星用の受信アンテナとして用いる場合、同じ仰角で用いる開口径の等しい円形パラボラアンテナに比べて、大地からの熱雑音の影響をC。ABC1回転放物面開口効率受けやすい2回転放物面面精度受けやすい3回転放物面開口効率受けにくい4回転双曲面開口効率受けやすい5回転双曲面面精度受けにくい

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学B A-13

  2. 二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-13

  3. 平成28年(2016)年01月期 無線工学B A-13

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次