試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-06

平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-06

A-6次の記述は、平行二線式給電線と小電力用同軸ケーブルについて述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1平行二線式給電線は、平衡形の給電線であり、零電位は2本の導線の間隔の垂直二等分面上にある。2平行二線式給電線の特性インピーダンスは、導線の太さが同じ場合には、導線の間隔が狭いほど大きくなる。3小電力用同軸ケーブルは、不平衡形の給電線であり、通常、外部導体を接地して使用する。4小電力用同軸ケーブルは、平行二線式給電線よりも、外部からの誘導妨害の影響を受けにくい。5小電力用同軸ケーブルの特性インピーダンスは、内部導体の外径dに対する外部導体の内径Dの比(D/d)が大きいほど大きくなる。

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 無線工学B A-06

  2. 平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-08

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次