試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成27年(2015)年07月期 無線工学B A-13

平成27年(2015)年07月期 無線工学B A-13

A-13次の記述は、図に示すカセグレンアンテナについて述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)回転放物面の主反射鏡、回転双曲面の副反射鏡及び一次放射器で構成されている。副反射鏡の二つの焦点のうち、一方は主反射鏡のAと、他方は一次放射器の励振点と一致している。(2)送信における主反射鏡は、Bへの変換器として動作する。(3)一次放射器を主反射鏡の頂点(中心)付近に置くことにより給電線路がCので、その伝送損を尐なくできる。(4)主放射方向と反対側のサイドローブが尐なく、かつ小さいので、衛星通信用地球局のアンテナのように上空に向けて用いる場合、Dからの熱雑音の影響を受けにくい。電波ABCD1開口面球面波から平面波短くできる大地2開口面球面波から平面波長くなる自由空間一次放射器3焦点平面波から球面波長くなる大地副反射鏡4焦点平面波から球面波短くできる自由空間5焦点球面波から平面波短くできる大地主反射鏡電波

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 無線工学B A-13

  2. 平成29年(2017)年07月期 無線工学B A-13

  3. 平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-13

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次