試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年07月期 無線工学B A-17

平成26年(2014)年07月期 無線工学B A-17

A-17次の記述は、図1から図5に示すM曲線について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。1図1は標準大気のときに見られる。このとき、等価地球半径係数Kは4/3であり、図1は標準形と呼ばれる。2図2は転移形と呼ばれ、ダクトが生じようとする過渡期に見られる。3図3は準標準形と呼ばれている。hの低い部分では、Mの増加率が標準大気の場合より大きいため等価地球半径係数Kは4/3より大きくなる。4図4のダクトは、上昇S形ダクトと呼ばれている。このダクトの範囲内の高さから放射されて、いったんダクトの外に出た電波は再びダクト内に閉じ込められることはない。5図5のダクトは、接地形ダクトと呼ばれている。hhhhhダクトダクトMMMMM図1図2図3図4図5h:地上高、M:修正屈折示数

答え:3


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和2年(2020)年11月期 無線工学B A-16

  2. 平成28年(2016)年07月期 無線工学B A-16

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次