試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-16

平成26年(2014)年01月期 無線工学B A-16

A-16次の記述は、マイクロ波からミリ波までの周波数帯における降雨による減衰について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)降雨による減衰は、約A〔GHz〕で顕著になり、周波数が高くなると共に増大するが、約B〔GHz〕以上でほぼ一定になる。(2)降雨による減衰の主な要因は、電波の吸収又はCである。ABC11050回折210200散乱31050散乱43200回折5380散乱

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 無線工学B A-16

  2. 平成29年(2017)年01月期 無線工学B A-16

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次