試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-06

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-06

次の記述は、FM(F3E)受信機の限界受信レベル(スレッショルドレベル)について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、雑音は受信機内部で発生する連続性雑音でその尖頭電圧は実効値の+12〔dB〕とし、搬送波は正弦波とする。なお、log102=0.3とする。(1)スレッショルドは、搬送波の尖頭電圧と雑音の尖頭電圧が等しくなる点であり、それぞれの実効値をEC及びENとすると、ECとENの関係はAとなり、S/N改善利得を得るのに必要な受信電力の限界値がスレッショルドレベルである。(2)スレッショルドを搬送波の実効値と雑音の実効値で比較し、その値(C/N)をデシベルで表すとB〔dB〕となる。

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学A A-07

  2. 平成31年(2019)年01月期 無線工学A A-06

  3. 平成27年(2015)年01月期 無線工学A A-09

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次