試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-14

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-14

図は、周波数ホッピング(FH)を用いたスペクトル拡散通信方式の原理的な構成例を示したものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。情報情報拡周波数変換散電力高周波周波数変換情報情報変調部変調部増幅部増幅部B復調部送信側A発生拡散符号部受信側符同期部号CA

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学A A-15

  2. 平成30年(2018)年07月期 無線工学A A-14

  3. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次