試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学の基礎 A-15

一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学の基礎 A-15

図1に示すような低域での電圧利得が60〔dB〕で高域遮断周波数が2.0〔kHz〕の増幅器Ampに、図2に示すように帰還回路Bを設け、増幅器Ampに負帰還をかけて電圧利得が34〔dB〕の負帰還増幅器にしたとき、負帰還増幅器の高域遮断周波数の値として、最も近いものを下の番号から選べ。ただし、高域周波数f〔Hz〕における増幅器の電圧増幅度Aは、高域遮断周波数をfH〔Hz〕、低域での電圧増幅度の大きさをA0としたとき、A=A0/(1+jf/fH)で表されるものとする。また、常用対数は表の値とする。〔kHz〕Vi:入力電圧〔V〕xlog10x〔kHz〕〔kHz〕〔kHz〕増幅器VVo1o2:出力電圧〔V〕:出力電圧〔V〕負帰還増幅器2340.300.480.60〔kHz〕ViAmpVo1ViAmpVo250.70図1BB:帰還回路図2

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学の基礎 A-09

  2. 一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学の基礎 A-09

  3. 令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 A-09

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次