試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学の基礎 B-04

一陸技 令和2年(2020)年11月期2 無線工学の基礎 B-04

次の記述は、理想的な演算増幅器(AOP)を用いた負帰還増幅回路について述べたものである。このうち正しいものを1、誤っているものを2として解答せよ。イエアウ図図図121帰還率がβの回路の帰還率は、1の回路の帰還率は、1の回路の電圧増幅度は、R+R1である。2/R/(R2のとき、負帰還増幅回路の電圧増幅度は、1/β1+である。R2)である。である。入力R+-2AROP1出力入力+-AOP出力オ図2の回路は、ボルテージホロワともいわれる。R1、R2:抵抗〔Ω〕図1図2

答え:1,2,2,1,1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学の基礎 A-15

  2. 一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学の基礎 A-14

  3. 平成28年(2016)年07月期 無線工学の基礎 A-15

  4. 平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-15

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次