試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 B-01

令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 B-01

B–1次の記述は、図1に示すような磁束密度がB〔T〕の一様な磁界中で、図2に示す形状のコイルLが角速度ω〔rad/s〕で回転しているとき、Lに生じる誘導起電力について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、図3に示すようにLは中心軸OPを磁界の方向に対して直角に保って回転し、さらに、時間tはLの面が磁界の方向と直角となる位置(X-Y)を回転の始点とし、このときをt=0〔s〕とする。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)Lの中を鎖交する磁束をφ〔Wb〕とすると、誘導起電力eは、e=-ア〔V〕である。(2)時間t〔s〕におけるφは、φ=イ〔Wb〕となるので、時間t〔s〕におけるeは次式で表される。e=ウ×sinエ〔V〕(3)したがって、eは、最大値がウ〔V〕で周波数がオ〔Hz〕の正弦波交流電圧となる。BωPPNt=tXt=0N極OLS極LOSN:巻数S:面積〔m2〕L(P)OYB図1図2図31N2dtdφ2BScosωt3N2BSω4ωt52πω6Ndtdφ7BSsinωt8NBSω9ωt2102πω

答え:6,2,8,4,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年01月期 無線工学の基礎 A-02

  2. 平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 B-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次