試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-15

平成26年(2014)年01月期 無線工学の基礎 A-15

A–15次の記述は、演算増幅器AOPを用いた負帰還増幅回路について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、AOPの電圧増幅度をA0、帰還回路の電圧帰還率をβとし、A0β≫1とする。(1)図1の回路の電圧増幅度AV=Vo/Viをβで表すとAV≒Aである。+AOP+AOP+AOP(2)図2の回路のβは、β=Bである。-A0-A0-A0(3)図3の回路のβは、β=Cである。ViβVoViR2R1VoViVoABC11/(1-β)R1/R2121/(1-β)R2/(R1+R2)∞図1図2図331/βR2/(R1+R2)∞41/βR1/R21R1、R2:抵抗〔Ω〕51/βR2/(R1+R2)1Vi:入力電圧〔V〕Vo:出力電圧〔V〕

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学の基礎 A-14

  2. 令和元年(2019)年07月期 無線工学の基礎 A-14

  3. 平成31年(2019)年01月期 無線工学の基礎 A-15

  4. 平成30年(2018)年01月期 無線工学の基礎 A-13

  5. 平成29年(2017)年01月期 無線工学の基礎 A-14

  6. 平成28年(2016)年01月期 無線工学の基礎 A-14

  7. 平成27年(2015)年01月期 無線工学の基礎 A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次