試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-09

一陸技 令和5年(2023)年07月期1 無線工学B A-09

次の記述は、図に示す帯域フィルタ(BPF)を用いた送信アンテナ共用装置について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)移動体通信などの1つの基地局に多数の無線チャネルが用いられ多数の送信アンテナが設置される場合、送信電波のA変調を防止するため、送信アンテナ相互間で所要のBを得る必要がある。このBは、アンテナを垂直又はアンテナ水平に、一定の間隔をおいて配置することにより得られるが、送信アンテナの数が多くなると広い場所が必要になるため、送信アンテナ共用装置が用いられるこ分岐結合回路帯域フィルタとが多い。の分岐点(BPF)サ(2)1つの送信機出力は、サーキュレータとその送信周波数の帯域フィルタを通っーてアンテナに向かう。他の送信機に対しては、分岐結合回路の分岐点から各帯域キュフィルタまでの線路の長さを送信波長の1/4のCとし、先端を短絡した1/4レー波長のCの長さの給電線と同じ働きになるようにして、分岐点から見たインタピーダンスが無限大になるようにしている。吸(3)しかし、一般に分岐点から見たインピーダンスが無限大になることはないので、収他の3つの送信周波数のそれぞれの帯域フィルタのみでは十分なBが得ら抵抗れない。このため、さらにサーキュレータに接続された吸収抵抗で消費させ、他送信機出力の送信機への回り込みによる再放射を防いでいる。

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和3年(2021)年01月期2 無線工学B A-07

  2. 平成31年(2019)年01月期 無線工学B A-08

  3. 平成27年(2015)年01月期 無線工学B A-07

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次