試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学B B-04

一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学B B-04

次の記述は、マイクロ波(SHF)帯の電波の対流圏伝搬について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)標準大気において、大気の屈折率nは地表からの高さとともにアするから、標準大気中の電波通路は、送受信点間を結ぶ直線に対して上方に凸にわん曲する。(2)実際の大地は球面であるが、これを平面大地上の伝搬として等価的に取り扱うために、m=n+(h/R)で与えられる修正屈折率mが定義されている。ここで、h〔m〕は地表からの高さ、R〔m〕は地球のイである。mは1に極めて近い値で不便なので、修正屈折示数Mを用いる。Mは、M=ウ×106で与えられ、標準大気では地表からの高さとともに増加する。(3)標準大気のM曲線は、図1に示すように勾配が一定の直線となる。このM高高ラジ曲線の形をエという。ささオ(4)大気中に温度などのオ層が生ずるとラジオダクトが発生し、電波がhhダクラジオダクトの中に閉じ込められて見通し距離より遠方まで伝搬することがトある。このときのM曲線は、図2に示すように、ある範囲の高さでエとは逆の勾配を持つ部分を生ずる。図1M図2M

答え:3,9,4,5,7


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学B B-04

  2. 平成31年(2019)年01月期 無線工学B B-04

  3. 平成28年(2016)年07月期 無線工学B B-04

  4. 平成27年(2015)年01月期 無線工学B B-04

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次