試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学B A-15

一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学B A-15

次の記述は、電離圏中の電子密度のゆらぎ(不規則性)が衛星通信に与える影響について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)電離圏中の電子密度のゆらぎは、F層や中緯度地域におけるE層でおき、入射電波を散乱又は屈折させ、受信電波の強度、位相、偏波面、到来方向の変動の原因になる。この変動をシンチレーションといい、通常ピッチが速く、その深さ(dB値のピークからピーク)はほぼ周波数のA乗に反比例し、Bの頃が最も大きい。(2)シンチレーションは、地域的にはF層のゆらぎが夜間発達するCで最も多く発生する。

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B B-04

  2. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学B A-18

  3. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学B A-17

  4. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B B-04

  5. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B A-17

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次