試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B B-01

一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B B-01

次の記述は、パラボラアンテナの開口面から放射される電波が平面波となる理由について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。(1)図に示すように、回転放物面の焦点をF、中心をO、回転放物面上の任意の点をPとすれば、FからPまでの距離FP̅̅̅̅とPから準線gに下ろした垂線の足Qとの距離̅̅̅̅との間には、次式の関係がある。̅̅̅̅PQPQ=ア・・・・・・・・・・・・①アQPS(2)Fを通りgに平行な直線をh線とし、Pからhに下ろした垂線の足をSとすれンテば、FからPを通ってSに至る距離̅̅̅̅FP+̅̅̅PSは、式①の関係から、次式で表さナθれる。の中OlFF̅̅̅̅FP+̅̅̅PS=イ心(3)焦点Fに置かれた等方性波源より放射され、回転放物面で反射されたすべての軸電波は、アンテナの中心軸に垂直でgを含む平面Gを見掛け上のウとして、回転放物面アンテナの中心軸に平行に、に平行でを含む平面へエの平面波として到達する。GhH準線gh線(4)Fから放射され回転放物面で反射されてHに至る電波通路の長さはすべて等し平面G平面Hいから、放射角度θ=0のときの電波通路の長さとθ≠0のときの電波通路の長さも等しく、̅̅̅̅FP+̅̅̅PSを焦点距離lで表すと、次式が成り立つ。̅̅̅̅FP+̅̅̅PS=̅̅̅̅FP×(オ)=2l̅̅̅̅̅̅̅̅

答え:1,7,3,4,5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学B B-01

  2. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学B B-01

  3. 平成30年(2018)年07月期 無線工学B B-01

  4. 平成29年(2017)年01月期 無線工学B B-01

  5. 平成27年(2015)年01月期 無線工学B B-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次