試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B A-11

一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学B A-11

次の記述は、図に示す誘電体レンズの波源Oから誘電体上の点Pまでの距離を求める式の算出について述べたものである内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、中心線RFの延長線上のOからレンズ面上の点F及び点Pまでの距離を、それぞれl〔m〕及びr〔m〕とし、OFとOPのなす角をθ度とする。(1)自由空間の伝搬速度をVo〔m/s〕、誘電体中の伝搬速度をVd〔m/s〕とすれば、Oから発射された電波が点Rと点Rに到達する時間は等しくなければならないので、次式が成り立つ。lrVo+A=Vo〔s〕・・・①ABC(2)誘電体レンズの屈折率をnとすれば、次式の関係がある。rcosθ+lV(n−1)ln=B・・・②VdVodn−cosθしたがって、式②を式①に代入すれば、rは次式となる。rcosθ+lVo(n+1)lr=C〔m〕VdVd1−ncosθrcosθ−lVd(n−1)lPRVdVon−cosθrrcosθ−lVo(n−1)lVdVdncosθ−1θFRrcosθ−lVd(n+1)lOVdVoncosθ−1l誘電体

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学B A-13

  2. 一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学B A-10

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次