試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

令和2年(2020)年01月期 無線工学B B-05

令和2年(2020)年01月期 無線工学B B-05

B-5次の記述は、図に示すWheelercap(ウィーラー・キャップ)法による小形アンテナの放射効率の測定について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、金属の箱及び地板の大きさ及び材質は、測定条件を満たしており、アンテナの位置は、箱の中央部に置いて測定するものとする。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)入力インピーダンスから放射効率を求める方法地板の上に置いた被測定アンテナに、アンテナ電流の分布を乱さないよう適当な形及び大きさの金属の箱をかぶせて隙間がないように密閉し、被測定アンテナの入力インピーダンスのアを測定する。このときの値は、アンテナの放射抵抗が無視できるので損失抵抗Rl〔Ω〕とみなすことができる。次に、箱を取り除いて、同様に、入力インピーダンスのアを測定する。このときの値は、被測定アンテナの放射抵抗をRr〔Ω〕とするとイ〔Ω〕となる。金属の箱をかぶせないときの入力インピーダンスのアの測定値をRin〔Ω〕、かぶせたときの入力インピーダンスのアの測定値をRin′〔Ω〕とすると、放射効率ηは、η=ウで求められる。ただし、金属の箱の有無にかかわらず、アンテナ電流を一定とし、被測定アンテナは直列共振形とする。また、給電線の損失はないものとする。(2)電圧反射係数から放射効率を求める方法金属の箱をかぶせないときの送信機の出力電力をPo〔W〕、被測定アンテ金属の箱ナの入力端子からの反射電力をPref〔W〕、(1)と同じように被測定アンテナに金属の箱をかぶせたときの送信機の出力電力をPo′〔W〕、被測定アンテナの入力端子からの反射電力をPref′〔W〕とすると、放射効率ηは、次式で求められる。ただし、送信機と被測定アンテナ間の給電線の損失はないものとする。η=Po−PrefPo−Pref−(Po′−Pref′)・・・・・・①地板Po=Po′のとき、ηは、式①より次式のようになる。被測定アンテナη=エ1−(Pref/Po)・・・・・・②同軸給電線金属の箱をかぶせないときの電圧反射係数を|Γ|、かぶせたときの電圧反射係数を|Γ′|とすると、ηは、式②より、η=オとなり電圧反射係数′から求められる。ただし、|Γ|≧|Γ|が成り立つ範囲で求められる。1虚数部2Rr−Rl31−(Rin′/Rin)4(Pref′/Po′)−(Pref/Po)5|Γ′|−|Γ|1−|Γ|26実数部7Rr+Rl81−(Rin/Rin′)9(Pref/Po)−(Pref/Po)′′10|Γ′|−|Γ|21−|Γ|2

答え:6,7,3,4,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年07月期 無線工学B B-05

  2. 平成27年(2015)年07月期 無線工学B B-05

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次