試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

平成26年(2014)年07月期 無線工学B A-04

平成26年(2014)年07月期 無線工学B A-04

A-4次の記述は、微小ダイポールの放射抵抗について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)アンテナから電波が放射される現象は、給電点に電流I〔A〕が流れ、アンテナからの放射によって電力Pr〔W〕が消費されることである。これは、アンテナの代わりに負荷として抵抗Rrを接続したことと等価である。したがって、次式が成り立つ。Rr=A〔Ω〕上式で表される仮想の抵抗Rr〔Ω〕を放射抵抗と呼び、Pr〔W〕を放射電力と呼ぶ。(2)図に示すように、微小ダイポールから数波長以上離れた半径r〔m〕の球面Sを考えたとき、Pr〔W〕は球面上の電力束密度の面積分として次式で求められる。ただし、微小ダイポールの長さをl〔m〕、波長をλ〔m〕、微小ダイポールの中心Oから任意の方向と微小ダイポールの軸とのなす角をθ〔rad〕とし、θ方向における電界強度をEθ〔V/m〕とする。⁄∫||・・B〔W〕z・(3)(1)及び(2)から、微小ダイポールの放射抵抗RrはC〔Ω〕となる。rdθABCr1||||SOθdθy2||||Il3||||x4||||5||||

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 平成30年(2018)年07月期 無線工学B A-04

  2. 平成29年(2017)年07月期 無線工学B A-02

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次