試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学A A-02

一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学A A-02

次の記述は、図に示すQPSK変調器の原理的な構成例のQPSK波s(t)について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。ただし、送信データは2系列に直並列変換したあと符号変換され、2値符号a1(t)及びa2(t)として、それぞれ符号が“0”のとき+1、“1”のとき-1の値をとるものとする。また、搬送波の角周波数をωcとする。(1)QPSKs(t波)s=(ta1(t)cosωct)は、次式で表される。-a2(t)sinωct---①送信データ符号変換a1(t)QPSK波(2)1√2e+となり、このときのj符号“0,0”のとき①式のQPSKa1次に②を指数関数による極座標表示にすると③となる。(--------------------------------------------------------t)及びa2(波を複素表示すると②となる。t)の値が共に+③②1(符号)直並列変換符号変換a2-(t)cossinωωcctts(t)(3)また、③をcos波の信号表現で表すと次式となる。ABC√2cos(ωct+)---[符号“0,0”、a1(t)=+1、a2(t)=+1]-+(4)同様に符号“1,1”、符号“0,1”及び符号“1,0”のときのQPSK+-波を、(3)と同様に信号表現で表すとそれぞれ次式となる。--√2cos(ωctA)---[符号“1,1”、a1(t)=-1、a2(t)=-1]√2cos(ωctB)---[符号“0,1”、a1(t)=+1、a2(t)=-1]--√2cos(ωctC)---[符号“1,0”、a1(t)=-1、a2(t)=+1]+-

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年07月期2 無線工学A A-14

  2. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学A A-16

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次