試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学B B-01

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学B B-01

次の記述は、絶対利得G(真数)のアンテナの放射電界強度の計算式を求める過程について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。ただし、アンテナ及び給電回路の損失はないものとする。(1)等方性アンテナの放射電力をP0〔W〕とすれば、アンテナから半径d〔m〕の距離にある球面を通過して出て行く電波の電力束密度wは、次式で表される。w=ア〔W/m2〕・・・・①一方、電界強度がE〔V/m〕、磁界強度がH〔A/m〕の点の電波の電力束密度をpとおくと、pはE0とHを用いて次式で表される。p=イ〔W/m2〕・・・・②式②を、E〔V/m〕だけで表すと、次式となる。p=ウ〔W/m2〕・・・・③w=pのとき、式①及び③より、Eは次式で表される。E=エ〔V/m〕(2)絶対利得G(真数)のアンテナの放射電力をP〔W〕とすれば、このアンテナの最大放射方向の距離d〔m〕における放射電界強度Eは、次式で表される。E=オ〔V/m〕√

答え:6,7,3,4,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 無線工学B B-01

  2. 平成30年(2018)年01月期 無線工学B B-01

  3. 平成27年(2015)年07月期 無線工学B B-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次