試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A B-03

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A B-03

次の記述は、図に示すデジタル無線通信に用いられるトランスバーサル形自動等化器の原理的構成例等について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。(1)周波数選択性フェージングなどによる伝送特性の劣化は、波形ひずみとなって現れるため、アが大きくなる原因となる。トランスバーサル形自動等化器は、波形を補償するイの一つである。(2)図に示すように、トランスバーサル形自動等化器は、ウずつパルス列を遅らせ、それぞれのパルスに重み係数(タップ係数)を乗じ、重み付けをして合成することにより、理論的に周波数選択性フェージングなどより生じた符号間干渉を打ち消すことができる。(3)重み付けの方法は、図に示すように合成器の出力を識別器に入れ、識別時点に入力信号遅延回路遅延回路タップ係数おける必要とする信号レベルとの誤差を重み付け検出し、この誤差が前後のどのパルスか制御回路ら生じたのかを、ビットと乗算して誤差エを検出し判定する。これにより、乗算器乗算器乗算器出力符号間干渉を与えているパルスに対する合成器識別器信号タップ係数を制御して誤差を打ち消す。(4)QAMなど直交した搬送波間の干渉に対処するには、図に示す構成例による回路等をオして構成する。

答え:1,7,3,4,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和4年(2022)年01月期 無線工学A A-14

  2. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学A B-05

  3. 令和元年(2019)年07月期 無線工学A B-03

  4. 平成30年(2018)年01月期 無線工学A A-16

  5. 平成28年(2016)年07月期 無線工学A A-16

  6. 平成26年(2014)年01月期 無線工学A B-01

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次