試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-14

二陸技 令和5年(2023)年01月期 無線工学A A-14

次の記述は、衛星通信に用いられる多元接続方式について述べたものである。このうち誤っているものを下の番号から選べ。方式は、複数の搬送波をその周波数帯域が互いに重ならないように周波数軸上に配置する方式である。方式において、個々の通信路がそれぞれ単一の回線で構成されるとき、これをSCPCという。方式は、時間を分割して各地球局に割り当てる方式である。方式は、隣接する通信路間の衝突が生じないようにガードバンドを設ける。方式は、中継器の同一の周波数帯域を多数の地球局が同時に使っても共用でき、それぞれ独立に通信を行う。(GA501-3)

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A B-02

  2. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-15

  3. 二陸技 令和5年(2023)年07月期 無線工学A A-14

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次