試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A B-05

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A B-05

次の記述は、SSB(J3E)受信機の特徴について述べたものである。内に入れるべき字句を下の番号から選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。(1)一般に、AM(A3E)受信機に比べ、同一の音声信号を復調するために必要な中間周波増幅器の帯域幅は、通常、ほぼアである。(2)復調するためには、検波用局部発振器で搬送波に相当する周波数成分を作り、イに加える必要がある。(3)局部発振器の発振周波数と送信側で抑圧されたJ3E波の搬送波の周波数との関係が正しく保たれないと、ウが悪くなるため、エが用いられる。(4)エの調整を容易にするため、オを用いる方法がある。

答え:1,7,3,9,10


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 二陸技 令和3年(2021)年01月期 無線工学A A-03

  2. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-04

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次