試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-11

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-11

次の記述は、VOR(超短波全方向式無線標識)について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)VORは、水平偏波の108~118〔MHz〕の電波を用いた超短波全方向式無線標識であり、航空機は、VORからみた自機のAを知ることができる。(2)全方位にわたって位相が一定の30〔Hz〕の基準位相信号を含んだ電波と、方位により位相が変化するB〔Hz〕の可変位相信号を含んだ電波を同時に発射している。(3)VORは、ドプラVOR(DVOR)と標準VOR(CVOR)に分類され、DVORは、基準位相信号をCで発射し、可変位相信号はドプラ偏移を利用した等価的な周波数変調波で発射している。

答え:2


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和元年(2019)年07月期 無線工学A A-12

  2. 平成29年(2017)年07月期 無線工学A A-12

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次