試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-05

二陸技 令和4年(2022)年07月期 無線工学A A-05

次の記述は、BPSKの復調器に用いられる基準搬送波再生回路の原理について述べたものである。内に入れるべき字句の正しい組合せを下の番号から選べ。(1)図1において、入力のBPSK波eiは、式①で表され、図2(a)に示すように位相が0又はπ〔rad〕のいずれかの値をとる。ただし、eiの振幅を1〔V〕、搬送波の周波数をf〔Hz〕とする。また、2値符号sは“0”又は“1”の値をとり、搬送波と同期しているものとする。ei=cos2πftπs〔V〕--------①(2)eiを二乗特性を有するダイオードなどを用いた2逓倍器に入力すると、その出力eoは、式②で表される。ただし、2逓倍器の利得は1とする。eo=cos2πftπs=A〔V〕--------②式②の右辺の位相項は、sの値によって0又はBの値をとるので、式②は、図2(b)に示すような波形を表し、2f〔Hz〕の成分を含む信号が得られる。(3)2逓倍器の出力には、2f〔Hz〕の成分以外に雑音成分が含まれているので、通過帯域幅が非常にCフィルタ(BPF)で2f〔Hz〕の成分のみを取り出し、位相同期ループ(PLL)で位相安定化後、その出力を1/2分周器で分周して図2(c)に示すような周波数f〔Hz〕の基準搬送波を再生する。BPSKei波2逓倍器eoBPF2f基準搬送波再生回路PLL1/2分周器基準搬送波f(a)振幅〔V〕1000ππeiπ00π時間〔s〕図1振幅〔V〕12feo(b)0振幅〔V〕f基準搬送波時間〔s〕(c)0時間〔s〕図2

答え:4


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 令和2年(2020)年01月期 無線工学A A-06

  2. 平成30年(2018)年07月期 無線工学A A-06

  3. 平成29年(2017)年01月期 無線工学A A-05

  4. 平成27年(2015)年07月期 無線工学A A-06

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次