試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年07月期2 法規 A-07

一陸技 令和3年(2021)年07月期2 法規 A-07

次の記述は、周波数の許容偏差、占有周波数帯幅及びスプリアス発射の定義について述べたものである。電波法施行規則(第2条)の規定に照らし、内に入れるべき最も適切な字句の組合せを下の1から5までのうちから一つ選べ。なお、同じ記号の内には、同じ字句が入るものとする。①「周波数の許容偏差」とは、発射によって占有する周波数帯の中央の周波数の割当周波数からの許容することができる最大の偏差又は発射のAからの許容することができる最大の偏差をいい、百万分率又はヘルツで表す。②「占有周波数帯幅」とは、その上限の周波数を超えて輻ふく射され、及びその下限の周波数未満において輻ふく射される平均電力がそれぞれ与えられた発射によって輻ふく射される全平均電力のBに等しい上限及び下限の周波数帯幅をいう。ただし、周波数分割多重方式の場合、テレビジョン伝送の場合等Bの比率が占有周波数帯幅及び必要周波数帯幅の定義を実際に適用することが困難な場合においては、異なる比率によることができる。③「スプリアス発射」とは、必要周波数帯外における1又は2以上の周波数の電波の発射であって、そのレベルを情報の伝送に影響を与えないでCすることができるものをいい、Dを含み、帯域外発射を含まないものとする。ABCD1パーセント除去高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積0.5パーセント除去高調波発射、低調波発射、不要発射及び相互変調積1パーセント低減高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積1パーセント低減高調波発射、低調波発射、不要発射及び相互変調積0.5パーセント低減高調波発射、低調波発射、寄生発射及び相互変調積

答え:5


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 法規 A-03

  2. 一陸技 令和3年(2021)年01月期1 法規 A-10

  3. 令和2年(2020)年01月期 法規 A-08

  4. 平成30年(2018)年07月期 法規 A-08

  5. 平成29年(2017)年07月期 法規 A-09

  6. 平成28年(2016)年01月期 法規 A-09

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次