試験受付期間は令和5年11月1日(水)~20日(月)です。

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学の基礎 A-07

一陸技 令和3年(2021)年07月期1 無線工学の基礎 A-07

次の記述は、図に示す直列共振回路について述べたものである。このうち、誤っているものを下の番号から選べ。ただし、共振角周波数をω0〔rad/s〕及び共振電流をI0〔A〕とする。また、回路の電流Iの大きさが、I0/√2〔A〕となる二つの角周波数をそれぞれω1及びω2〔rad/s〕(ω1<ω2)とし、回路の尖鋭度をQとする。RaLbCcIの位相は、ω1でVより遅れ、ω2でVより進む。R:抵抗〔Ω〕は、Q=(L/C)/Rで表される。L:自己インダクタンス〔H〕VLは、Q=ω0/(ω2-ω1)で表される。C:静電容量〔F〕VLCのとき、端子ab間の電圧VLの大きさは、Q×|V|〔V〕である。V:交流電源電圧〔V〕Iのとき、端子ac間の電圧VLCの大きさは、0〔V〕である。V

答え:1


他の問題を見る

A-01 / A-02 / A-03 / A-04 / A-05 / A-06 / A-07 / A-08 / A-09 / A-10 / A-11 / A-12 / A-13 / A-14 / A-15 / A-16 / A-17 / A-18 / A-19 / A-20 / B-01 / B-02 / B-03 / B-04 / B-05 /

類似問題

  1. 一陸技 令和5年(2023)年01月期2 無線工学の基礎 A-07

  2. 一陸技 令和5年(2023)年01月期1 無線工学の基礎 A-07

  3. 一陸技 令和4年(2022)年07月期2 無線工学の基礎 A-06

  4. 一陸技 令和4年(2022)年07月期1 無線工学の基礎 A-20

  5. 一陸技 令和4年(2022)年01月期1 無線工学の基礎 A-07

  6. 一陸技 令和3年(2021)年07月期2 無線工学の基礎 A-08

  7. 一陸技 令和2年(2020)年11月期1 無線工学の基礎 A-07

  8. 令和2年(2020)年01月期 無線工学の基礎 A-06

  9. 平成31年(2019)年01月期 無線工学の基礎 A-08

この期の試験に戻る

過去問一覧表へ戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次